ビーグレン ホワイトクリーム

> 美白マニアが辛口チェック!ビーグレンホワイトクリームの効果・安全性は?

ビーグレン ホワイトクリーム

「ビーグレンのホワイトクリームについて詳しく知りたい」
「シミを消す効果は本当にある?安全に使える?」
ビーグレンのホワイトクリームが気になっているあなたは今、このような疑問をお持ちではありませんか?

 

加齢と共に起こりやすいシミは女性の大敵ですが、
美白化粧品を使っても全く効果を感じられなった方は多いでしょう。

 

しかし、ビーグレンのホワイトクリーム(QuSomeホワイトクリーム1.9)なら、
あなたのガンコなシミを消すことができるかもしれません。

 

このページでは、様々な美白化粧品を試した私が、QuSomeホワイトクリーム1.9の成分や効果について詳しく解説しています。
また、愛用者の口コミ、QuSomeホワイトクリーム1.9を安全かつ効果的に使うためのポイントも説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

あなたがシミのない明るい肌を取り戻すために、この記事がお役に立つことを願っております。

 

1.QuSomeホワイトクリーム1.9の基本情報

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、シミや色素沈着を改善し、肌に本来の透明感や明るさをもたらす美白クリームです。
ビーグレン独自の浸透技術である「QuSome(キューソーム)」が使用されているため、
有効成分が必要な箇所にピンポイントで浸透して効果を発揮します。

 

実際に使用すると高い美白効果に驚かれる方も多く、
「他の美白化粧品を使っても効果がなかったけど、QuSomeホワイトクリーム1.9を使うとシミが薄くなった」など、利用者の評判も上々です。

 

価格は1本(15g)6,480円と決して安くはありませんが、1本で約1ヶ月使えるうえ、確かな効果を感じられるという理由から、リピートされる方が多くいらっしゃいます。

 

2.QuSomeホワイトクリーム1.9の全成分と効果をチェック!

商品の概要が分かったところで、これまでに様々な美白化粧品を使った私が
QuSomeホワイトクリーム1.9の成分と効果について解説していきます。
まずは「どんな効果があるのか」「安全に使えるのかどうか」を確認してみましょう。

 

なお、QuSomeホワイトクリーム1.9の全成分は次の通りです。

 

水、 プロパンジオール、 スクワラン、 ハイドロキノン、 セテアリルアルコール、 テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、 トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、 ゴヨウマツ種子油、 ジメチコン、 ステアリン酸グリセリル、 ベヘニルアルコール、 ジステアリン酸PEG?23グリセリル、 アスコルビン酸、 3−O−エチルアスコルビン酸、 ヘキシル3?グリセリルアスコルビン酸、 オリゴペプチド−34、 オリゴペプチド−68、 オキソチアゾリジン、 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、 ゲンチアナ根エキス、 ビオサッカリドガム−1、 ラムノース、 グルコース、 グルクロン酸、 トコフェロール、 グリセリン、 BG、 ステアロイルメチルタウリンNa、 ステアラミドプロピルジメチルアミン、 ステアリン酸ポリグリセリル−10、 ステアリン酸PEG?55、 ステアリン酸ソルビタン、 バチルアルコール、 ステアリルアルコール、 マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、 ステアリン酸コレステリル、 リナロール、 乳酸、 乳酸K、 フェノキシエタノール、 ピロ亜硫酸Na、 EDTA−2Na

 

2-1.QuSome化ハイドロキノンがシミや色素沈着を改善!

繰り返しになりますが、QuSomeホワイトクリーム1.9は、シミや色素沈着の改善に高い効果を発揮します。
その理由は次の2点です。

 

ハイドロキノンが配合されているから

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど美白効果の高い成分で、シミを消して肌に明るさを取り戻す働きが期待できます。
メラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きを阻害する作用が強く、シミや色素沈着の改善に高い効果を発揮するため、アメリカでは「美白=ハイドロキノン」というほどよく使用される成分ですし、日本でも皮膚科で処方されることがあります。

 

ハイドロキノンの浸透力が高いから

一般的な化粧品に配合された美容成分は、粒子が大きいために表皮で弾かれてしまい、肌の奥に浸透しません。
その点、QuSomeホワイトクリーム1.9なら有効成分を必要な箇所へ届けることができるため、確実にシミへアプローチできます。

 

というのも、先に説明したようにQuSomeホワイトクリーム1.9にはビーグレン独自の浸透技術(QuSome)が使用されており、主要成分のハイドロキノンがQuSome化(ナノサイズのカプセルに成分を閉じ込めて肌への浸透力を高めること)されている点が特徴です。
QuSome化ハイドロキノンはしっかりと肌に浸透するだけでなく、シミのある箇所にとどまるので、高い美白効果が期待できるというわけです。

 

また、QuSomeホワイトクリーム1.9には肌の明るさや透明感を高める美容成分(βホワイト・TGP2)が配合されているため、ハイドロキノンの働きをサポートする効果も期待できます。

 

2-2.シミの予防にも効果あり

QuSomeホワイトクリーム1.9には、今あるシミを消す効果だけでなく、新しいシミの生成を予防する効果も期待できます。
その理由は、次の2つの成分が配合されているからです。

 

オリゴペプチド-34

メラニンの生成を抑制してシミや色素沈着を防止します。
また、炎症を鎮める効果もあるので、肌荒れ防止にも有効です。

 

ヘキシル3?グリセリルアスコルビン酸

高い美白効果を持つビタミンC誘導体の一種で、メラニンの生成を抑えてシミと色素沈着を防止します。
さらに、コラーゲンの生成を促進する働き、抗炎症作用もあるため、シワやたるみの防止・ニキビや肌荒れの改善にも有効です。

 

2-3.ハイドロキノンって安全?肌トラブルは起こらない?

ハイドロキノンは高い美白効果を持つ反面、肌に強い刺激を与える成分です。
そのため、ハイドロキノンを顔に塗ると「肌が赤くなる」「皮がめくれる」「白斑ができる」といった副作用が現れることがあります。

 

しかし、QuSomeホワイトクリーム1.9の使用でそういった肌トラブルが起こる可能性は低いので、安心してください。
というのも、ハイドロキノンの使用で肌に異常が現れるのは、高濃度のハイドロキノンを使用した時だからです。

 

一般的には「ハイドロキノンの濃度が2.0%以下であれば肌トラブルは起こりにくい」
と言われますが、皮膚科で処方されるハイドロキノンは濃度が5%以上、一般的な美白化粧品には2〜4%の濃度で配合されています。
一方、QuSomeホワイトクリーム1.9のハイドロキノンは1.9%という低濃度なので、肌への刺激を抑えた美白ケアができるうえ、長期間使用しても問題ありません。

 

「ハイドロキノンの濃度が低いと美白効果が低くなるんじゃないの?」
と思うかもしれませんが、QuSomeホワイトクリーム1.9は濃度4.0%のハイドロキノンと同等の効果があることが実験によって分かっています。
その根拠は、QuSomeホワイトクリーム1.9のハイドロキノンはナノサイズのカプセルに閉じ込められているため、低濃度でもしっかり肌に浸透して効果を発揮するからです。

 

このように、安全で効果的な美白ケアが行えるQuSomeホワイトクリーム1.9ですが、
低濃度とはいえハイドロキノンが配合されているため、絶対に副作用がないとは言い切れません。
もしもQuSomeホワイトクリーム1.9を使って肌に異常が現れた時は、直ちに使用を中止してビーグレンのカスタマーサポート(0120-329-414)へ相談するか、皮膚科を受診しましょう。

 

3.QuSomeホワイトクリーム1.9愛用者の口コミはどう?

続いては、QuSomeホワイトクリーム1.9を愛用されている方の口コミをチェックしてみましょう。
いくら美白に効果のある成分が配合されていても、「本当にシミが消えるのか」を確かめるには、実際に使用されている方の意見を聞くのが一番です。

 

愛用者の皆さんは、QuSomeホワイトクリーム1.9をどう評価しているのでしょうか?

 

3-1.QuSomeホワイトクリーム1.9の良い口コミ

「心配していた副作用もなく、肌に馴染みやすいクリームという印象です。まだ1ヶ月しか使っていないのですが、少し肌の色が明るくなってきたかなと思います。」

「友人が強くすすめてきたので試してみました。3ヶ月くらいでほっぺたのシミが薄くなっているのに気付いた時は嬉しかったです!半年くらい使ったところでシミがほとんど目立たなくなりました。」

「以前皮膚科でハイドロキノンを処方された時は、肌が荒れてダメでした。ビーグレンのホワイトクリームはハイドロキノンの濃度が低いと聞いて恐る恐る使ってみたところ、肌荒れもなく順調です。もう少し続けて様子を見てみます。」

 

3-2.QuSomeホワイトクリーム1.9の悪い口コミ

「私はかなりの敏感肌で大抵の化粧品が合いません。おでこのシミを何とかしたいと思ってビーグレンのホワイトクリームを試してみましたが、トライアルの時点でダメでした。肌がヒリヒリして赤くなるので、1回しか使っていません。」

「何ヶ月くらい使うと効果が分かるのでしょうか?2ヶ月ほど使っていますが、特に変化を感じられません・・・。」

「前に使った美白クリームのように顔の皮がめくれることはありませんでした。でも塗ると顔が赤くなってしまうので、すぐに使うのをやめました。ハイドロキノンの濃度が低くても、肌質によってはダメなんでしょうかね?」

 

QuSomeホワイトクリーム1.9の口コミを見てみると、肌トラブルもなく効果を感じている方、肌トラブルが起こって使用をやめた方、効果が感じられない方など様々です。
どんな化粧品でも全ての人に合うわけではありませんから、仕方ないのかもしれませんね。

 

4.美白マニアの私もQuSomeホワイトクリーム1.9を使ってみた!

QuSomeホワイトクリーム1.9について調べているうちに私も気になってきたので、実際に使ってみることにしました。
私は37歳のアラフォー女性ですが、顔にいくつかシミができています。
今までも美白効果があるとされる化粧品はいろいろ試しましたが効果がなく、ハイドロキノンも肌に合いませんでした。

 

でも、「QuSomeホワイトクリーム1.9なら肌トラブルなく美白ケアができるかも!」
と思い切って購入することに。
実際に使って私が感じたことを、包み隠さずご紹介します。

 

4-1.低刺激で良い感じ!シミも徐々に薄くなっています

QuSomeホワイトクリーム1.9を使ってまず感じたことは、肌への刺激が少ないこと。
前はハイドロキノン配合の化粧品を使うと肌が赤くなってやめたのですが、QuSomeホワイトクリーム1.9を塗ってもピリピリとした刺激がないし、肌荒れも起こりませんでした。
あと、のびが良いし塗った後にベタつかずにすぐ馴染むのもポイントが高いですね。

 

とにかく肌トラブルなく使えそうだったので、根気強く使ってみることにしました。

 

1ヶ月目

1ヶ月使ってみた時点では、「少し肌の色が明るくなったかな?」という程度で、まだシミへの効果は感じられません。
旦那に聞いても「前と特に変わらない」と言われてしまいました。

 

3ヶ月目

美白ケアには時間がかかることは分かっていたので我慢して3ヶ月使い続けていると、少し変化が現れました。
いくつかあるシミのうち、明らかに薄くなっているものがあったんです!
今まで何をやっても効果がなかったので、これにはビックリしました。

 

6ヶ月

3ヶ月使ったところで効果を実感したので、現在のところ半年間継続しています。
あんなにあったシミはかなり目立たなくなってきましたし、以前より顔全体が明るくなっています。
旦那からも「ちょっと若返った感じがする」と言われました!

 

私は今もQuSomeホワイトクリーム1.9を使っていますが、特に肌トラブルもなく使えています。
かなりシミも薄くなってきたので、これからも続けていくつもりです。

 

あと、恥ずかしながら最近知ったのですが、ビーグレンには「ホワイトケア」という美白ケア用のプログラムがあるんですね。
ライン使いするとより効果がアップしそうなので、これから試してみたいと思っています。

 

4-2.QuSomeホワイトクリーム1.9はこんな人におすすめ!

私は若い頃に全くと言っていいほど紫外線対策をしていなかったので、今になってシミに悩まされています。
でも、QuSomeホワイトクリーム1.9で根気強くケアを続けてかなりシミが改善しましたし、友人も肝斑とシミになったニキビ跡がマシになったと言っていました。

 

そういったことを考えると、QuSomeホワイトクリーム1.9は次のような症状におすすめできるのではないでしょうか。

 

  • 紫外線が原因の薄いシミ
  • 肝斑
  • 色素沈着ニキビ跡

 

逆に同じようなシミでも、次のような方はセルフケアではなく皮膚科を受診した方が良いと思います。

 

  • 濃いシミ
  • できてからかなり時間が経っているシミ

 

QuSomeホワイトクリーム1.9の購入を検討中の方は、愛用者の口コミや私の感想も参考にしてみてください!

 

5.QuSomeホワイトクリーム1.9の正しい使い方

ここからは、QuSomeホワイトクリーム1.9の正しい使い方について説明します。
安全で効果的な美白ケアを続けるために、チェックしておきましょう。

 

5-1.夜に1回・顔全体に塗る

QuSomeホワイトクリーム1.9は1日1回(夜)、顔全体に塗ってください。
1cmくらいを手のひらにとって顔に伸ばし、やさしく押さえて馴染ませましょう。

 

また、正しい順序で使うことも忘れてはいけません。
QuSomeホワイトクリーム1.9は

 

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. QuSomeホワイトクリーム1.9
  5. 保湿クリーム

 

という順番で使いましょう。

 

なお、QuSomeホワイトクリーム1.9を
「夜に塗る理由」「顔全体に塗る理由」は、次の通りです。

 

紫外線の影響を受けやすいから

QuSomeホワイトクリーム1.9の主成分であるハイドロキノンは、紫外線に当たると
「ベンゾキノン」という成分に変化するため、肌に悪影響が出る可能性があります。
朝や日中に塗って紫外線を浴びると、肌に炎症が起こったり、シミが濃くなる可能性があるので十分に注意しましょう。

 

白斑ができる可能性があるから

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されたハイドロキノンは低濃度ですが、シミのある箇所にだけ塗り続けていると白斑ができる恐れがあります。
ハイドロキノンが特定箇所に集中しないよう、顔全体にまんべんなく塗りましょう。

 

5-2.ライン使いは高すぎる!という方は単品でもOK

先にご紹介しましたが、ビーグレンには「ホワイトケア」というセットがあります。
ホワイトケアは美白に特化した化粧品を集めたセットで、ライン使いすると高い効果が期待できる反面、全て揃えると1ヶ月で30,000円近い費用がかかる点がネックです。

 

そのため、「そこまで美白ケアにお金をかけられない」という方は、
私のようにQuSomeホワイトクリーム1.9の単品使いでも良いかと思います。
実際に私は単品使いでシミが薄くなっているので、無理なく美白ケアを続けられる方法を選択しましょう。

 

6.QuSomeホワイトクリーム1.9のお得な購入方法

最後に、QuSomeホワイトクリーム1.9のお得な購入方法について説明します。
私はいきなりQuSomeホワイトクリーム1.9を単品購入したのですが、よく調べてみると以下の方法が1番お得だということが分かりました。

 

6-1.ホワイトケアのトライアルセットで試してみる

QuSomeホワイトクリーム1.9を試してみたい方は、まずホワイトケアのトライアルセットを注文しましょう。

 

ホワイトケアのトライアルセットは1週間分1,944円で、
QuSomeホワイトクリーム1.9をはじめ、洗顔料・化粧水・美容液・保湿クリーム
とスキンケアに必要な化粧品が1セットになっています。

 

ビーグレンの公式サイトから簡単に注文できるうえ、
「肌に合わない」「効果に満足できない」という場合は、注文日から365日以内に限り返品・返金が可能です。

 

これならお金がムダになることもありませんから、初めての方でも安心して美白ケアを始められます。
ただし、トライアルセットの1週間分では美白効果があるかどうかは分かりません。
トライアルセットは、あなたの肌に合うかどうかを確かめるために使うことをおすすめします。

 

6-2.定期お届けコースでの継続がおすすめ

トライアルセットを使って肌トラブルが起こらないようであれば、定期お届けコースでの継続がおすすめです。

 

定期お届けコースなら、商品1個の購入につき5%、2個につき10%、3個につき20%、4個以上で25%も料金が安くなります。
QuSomeホワイトクリーム1.9単品・ホワイトケア全品どちらでも割引が適用されるうえ、配送間隔の変更や配送の中止は自由にできますし、送料も無料です。
また、非売品プレゼントなどの特典もあるので、ぜひ利用しましょう。

 

7.まとめ

QuSomeホワイトクリーム1.9は、シミや色素沈着改善に効果があるハイドロキノン配合の美白クリームです。
高濃度のハイドロキノンは肌トラブルを引き起こす可能性がありますが、QuSomeホワイトクリーム1.9のハイドロキノンは低濃度ですし、肌への浸透力が高いので確実にシミへアプローチします。

 

なかなか消えないシミにお悩みの方は、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を試してみて、その実力を確認してみはいかがでしょうか。

 

ホワイトケアプログラムについて詳しく見る