ビーグレン リプロスキン

> ビーグレンとリプロスキンを徹底比較!ニキビ跡におすすめなのはどっち?

ビーグレンとリプロスキンそれぞれの特徴とは

ニキビ跡ケアができることで人気なのがビーグレンとリプロスキンです。
双方ともに人気があるので、どちらを使ったらいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
そこで、このページではビーグレンとリプロスキンの特徴を比較し、どちらがニキビ跡ケアでは有効なのか、併用して使うと効果的なのかといった点について解説します。
両方の特徴や使い方を知ることにより、自分にはどちらが効果的な化粧品なのかを選ぶことができるようになります。
ピーグレンやリプロスキン以外のニキビ跡ケアでおすすめの美容液も紹介しますので、ニキビ跡ケアの参考にしてください。

 

ビーグレンは浸透力が抜群

ビーグレンの特徴と言えば、浸透技術のQusomeによって高い浸透力を実現していることです。
そのため、有効成分をしっかりと肌の奥まで届けることができます。
また、ニキビ跡ケアプログラムも用意され、効果的なニキビケアができるのも特徴の一つです。
ただ、このニキビ跡ケアプログラムで、ニキビ跡に直接働きかけるのはCセラムだけと考えられます。
Cセラムには、美白効果が高いことでも知られるビタミンC誘導体が配合されているため、この成分の効果によって赤みや色素沈着のニキビ跡には短期間での効果が期待できます。
ニキビ跡ケアプログラムに含まれる他のコスメには、ニキビ跡を改善する直接的な効果がないものの、肌のターンオーバーを改善させる効果は期待でき、長く使うことで色素沈着やクレーターのニキビ跡にも効果が期待できます。
ニキビ跡ケアプログラムの商品について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

 

リプロスキンは美容成分が豊富

ビーグレン リプロスキン

リプロスキンの特徴は、ニキビ跡に有効な美容成分が豊富なことです。
赤みに有効なグリチルリチン酸ジカリウム、色素沈着に有効なプラセンタやダーマホワイト、保湿力の高い低分子コラーゲンなどの美容成分が配合され、全てのタイプのニキビ跡に有効な化粧水です。
ただ、一般的にプラセンタは粒子サイズが大きいため、肌の真皮層まで浸透しにくいと言われています。
しかし、リプロスキンはナノレベルまで有効成分を小さくすることで浸透力を高めています。
リプロスキンは浸透力も高い評価を受けていて、今まで肌に浸透しにくいと考えられていた美容成分もしっかりと肌に浸透してくれる効果的なニキビ跡専用化粧水です。

 

ニキビ跡ケアにおすすめなのはどっち?

ビーグレンやリプロスキンの特徴を見ても、どちらもニキビ跡には効果的で、結局のところどちらがいいのかと迷ってしまいます。
そこで選び方としておすすめしたいのが、早く治したい人にはビーグレン、ニキビ予防も考えているのならリプロスキンを選ぶことです。
ビーグレンは浸透力が高く、早く効果を実感しやすいと考えられます。
一方のリプロスキンは美容成分が豊富で、抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていることからも、ニキビ予防に最適な化粧水です。
ただ、クレーターのような凸凹の状態では、どちらを使ったとしても時間がかかると考えておきましょう。

 

Cセラムとリプロスキンを併用すると効果的?

両方を使えば早く治すことができ、ニキビ予防もできると考える人もいるかもしれません。
しかし、どちらも決して安い商品ではありません。
ビーグレンのCセラムだけを使うにしても4,700円(税抜)必要ですし、リプロスキンを定期購入しても2回目以降は毎月4,980円(税抜)です。
この両方を毎月購入するには経済的な負担が大きくなってしまいます。
そのため、併用するよりも、症状や目的に合わせて使うことをおすすめします。
どちらもニキビ跡には効果的な化粧品であることからも、併用しなくても使い続けることで十分に効果が期待できます。

 

ベルブランはCセラム・リプロスキンより効果がある?

ビーグレンのCセラムやリプロスキンと同じように、ニキビ跡用美容液として評判が良いのがベルブランです。
メラニンに効果的な成分のトラネキサム酸やアルピニアカツマダイ種子エキス、カモミラエキスの3つの成分を配合し、ニキビ予防にもなるグリチルリチン酸2Kも配合しています。
その他にも、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿や美容成分も配合されています。
合成香料や着色料、石油系界面活性剤などを配合せず無添加化粧品であることも特徴で、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えそうです。
これらの成分からも色素沈着のニキビ跡、ニキビ予防には効果的なスキンケア化粧品です。
Cセラムやリプロスキン同様に、ベルブランもニキビ跡ケアの化粧品として選択肢の一つになりそうです。

 

3つのうちどれがおすすめ?

ビーグレン、リプロスキン、ベルブランと3つのニキビ跡に有効な化粧品があります。
どれも効果的なのですが、ビーグレンはライン使いをすると高いといったイメージが強く、選択肢には入れない人もいるのではないでしょうか。
しかし、Cセラムだけならそれほどの差はありません。
Cセラムは4,700円(税抜)、リプロスキンを定期購入すると2回目以降は4,980円(税抜)、ベルブランのすっぴん美肌コースの2回目以降は3,980円(税抜)です。
このように価格では大きな差はないことから、やはり即効性を期待するのであればビーグレンのCセラムでのケアをおすすめします。