ビーグレン モイスチャーゲルクリーム

> ビーグレン「ビーグレン モイスチャーゲルクリーム」−価格・効果・口コミを徹底調査!

モイスチャーゲルクリームってどんなコスメ?

ビーグレン モイスチャーゲルクリーム

肌の乾燥が気になり、以前のような潤いのある肌を取り戻したいと考えている人も多いでしょう。
そんな願いをかなえてくれるのが、ビーグレンのモイスチャーゲルクリームです。
このコスメは、肌に潤いを与えてくれる、アクアタイド、アリスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸の4つの美容成分が配合され、一日中潤いのある肌に導いてくれます。
水分を蓄える力が弱った肌には、最適なクリームと言えるでしょう。
QuSomeモイスチャーゲルクリーム(30g) の価格は6,000円(税抜)で、内容量は朝・夜、パール1〜2粒大を使用して1.5ヶ月分です。

 

モイスチャーゲルクリームに含まれる成分

モイスチャーゲルクリームに含まれる成分は、以下の通りです。
水、 スクワラン、 グリセリン、 ペンチレングリコール、 ジミリスチン酸PEG−12グリセリル、 ジグリセリン、 BG、 ジステアリン酸PEG−23グリセリル、 トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、 シクロペンタシロキサン、 プロパンジオール、 ヘキサカルボキシメチルジペプチド?12、 デカルボキシカルノシンHCl、 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、 乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液、 加水分解ローヤルゼリータンパク、 ナンキョウソウエキス、 加水分解コラーゲン、 ヒアルロン酸Na、 アルギニン、 トコフェロール、 PCA−Na、 ラムノース、 グルクロン酸、 マルチトール、 グルコース、 ヤシ油、 キサンタンガム、 エチルヘキシルグリセリン、 ペンタイソステアリン酸ポリグリセリル−10、 ステアリン酸ポリグリセリル−10、 (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー、 (PEG−10/ラウリルジメチコン)クロスポリマー、 (PEG−15/ラウリルジメチコン)クロスポリマー、 ポリグリセリル−3ジシロキサンジメチコン、 フェノキシエタノール、 ソルビン酸K、 水酸化K

 

QuSomeハイドレーションコンプレックス

モイスチャーゲルクリームの特長が、ビーグレン独自の浸透テクノロジーである「QuSomeハイドレーション コンプレックス」です。
ビーグレンは有効成分をカプセルに閉じ込め、安定して肌に浸透させるQuSomeで知られています。
このQuSomeを応用した複合成分が、QuSomeハイドレーション コンプレックスです。
4つの美容成分を含み、高い浸透力によって、なかなか改善できなかった乾燥肌も効果的にケアすることができます。
今まで様々な化粧品を試しても効果がなかった人は、QuSomeハイドレーション コンプレックスの効果を体験してみてはいかがでしょうか?

 

モイスチャーゲルクリームの評判・口コミ

夜だけ使っている

モイスチャーゲルクリームを毎日夜だけ使っている人の声があります。
基本的な使い方は朝と夜の2回使うのですが、経済面を考えると、夜だけ、朝だけ使いたいと考える人も多いようです。
問題は効果なのですが、夜だけの使用で毛穴とほうれい線が目立たなくなったそうです。
肌にもハリが出てきたそうで、1日1回の使用でも確かな効果が実感できそうですね。
ビーグレンの商品は価格が高いと感じている人も多いようですが、使い方次第で経済的にもお肌にもメリットが得られるかもしれません。
この口コミでは、まだ使い始めて2ヶ月ほどのようですが、「このまま使い続けたい」とも言っています。

 

乾燥しらずの肌に

ビーグレンの商品の中で何がいいと聞かれると、まずモイスチャーゲルクリームと答えるほど、気に入っている人の声を見ることができます。
この人は、このモイスチャーゲルクリームを使ったことで、乾燥しらずの肌になったそうです。
さらっとしているにもかかわらず保湿力があり、夕方までお肌がしっとりとしていると感じています。
また、化粧下地との相性も良いと言っています。
いくら保湿力が高くても、化粧下地との相性が悪いのでは毎日のメイクも大変ですよね。
モイスチャーゲルクリームならそんな心配も必要なさそうです。

 

マルチに対応してくれる

トライアルセットを試してからビーグレンのコスメが手放せなくなった人もいるようです。
ビーグレンでは、悩み肌に合わせたトライアルセットが用意されています。
そのため、初めてビーグレンを使う人は、このトライアルセットから試してみると良いでしょう。
この口コミの人は、「ニキビや毛穴などマルチに対応しているのがありがたい」と言っています。
毛穴もニキビも気になる人は、それぞれの対策用として化粧品を購入している人もいるかもしれませんが、このモイスチャーゲルクリームなら、一つで様々な悩みを解決してくれます。

 

モイスチャーゲルクリームの使い方

まずは、パール大の大きさで手のひらに1〜2粒とります。
額、あご、両頬、鼻にそれぞれ置いて、顔の内側から外側に伸ばしていきます。
最後には、手で顔全体を優しく包み肌になじませます。
モイスチャーゲルクリームは、朝と夜のスキンケア時に使います。
スキンケアでは、洗顔、化粧水、美容液などを使いますが、モイスチャーゲルを使うタイミングは美容液を使った後です。
最後に使うことにより、美容液などに含まれる美容成分をしっかりと肌に閉じ込めることができます。
日中の紫外線が気になる人は、モイスチャーゲルクリームを使った後に、ナイトケアとしてQuSomeホワイトクリーム1.9を使うと効果的な紫外線ケアができますよ。

 

モイスチャー「ゲル」クリームとモイスチャー「リッチ」クリームの違い

潤いを与えて保つ!保湿に特化した「ゲル」クリーム

モイスチャーゲルクリームの特長が、保湿に特化しているということです。
保湿力が高いため、乾燥による毛穴の開きやニキビケアにも最適なクリームと言えます。
乾燥が進むと肌がたるんで毛穴が目立ちやすくなりますし、乾燥によってニキビができることもあります。
肌が乾燥している状態は、皮脂が足りていない状態です。
皮脂が少ないことで肌のバリア機能が低下しますし、乾燥が進むことで毛穴も細くなってしまい、皮脂の分泌量が少ない状態でも毛穴が詰まりやすくニキビができてしまいます。
乾燥による毛穴の開きやニキビが気になる人には、モイスチャーゲルクリームが効果的です。

 

年齢による乾燥をケア!保湿力を取り戻すモイスチャー「リッチ」クリーム

いくら保湿力の高い美容成分を使っていても、年齢を重ねればどうしても肌の保湿力が衰えてきます。
加齢による乾燥は、多くの人が悩む症状の一つです。
加齢によって皮脂分泌量が低下してしまい、肌が乾燥しやすくなっていき、しわやたるみの原因となります。
モイスチャーリッチクリームは、このエイジングケアに着目したクリームで、加齢や環境による肌のリズムを整え、肌が本来持っている保湿力を高めてくれるクリームです。
そのため、加齢によって起きるしわやたるみなどのエイジングサインでお悩みの方には、最適なクリームと言えるでしょう。

 

モイスチャーゲルクリームが含まれるトライアルセット

乾燥にお悩みで、「モイスチャーゲルクリームを使ってみたい」と思っている人は多いでしょう。
しかし、モイスチャーゲルクリームは一つ6,000円もするため、初めて使う場合は少し購入に抵抗があるかもしれません。
そんな人は、お得なトライアルセットを利用してみましょう。
ビーグレンは、様々な肌の悩みに最適なトライアルセットを1,800円で提供しています。
モイスチャーゲルクリームがセットになったトライアルセットは、ニキビケアと毛穴ケアトライアルセットです。
モイスチャーゲルクリームの効果を確かめたい人は、まずこれらのトライアルセットを購入してみてはいかがでしょうか?