ビーグレン ほうれい線

> 1年使った私が教えるビーグレンほうれい線ケアの実力・使用のポイント

ビーグレン ほうれい線

「ビーグレンのほうれい線ケアって本当に効果があるの?」
「実際に使った人の感想を知りたい!」

 

年齢と共に目立ってくるほうれい線って気になりますよね?
でも、ビーグレンのほうれい線ケアならあなたの肌悩みを改善できるかもしれません!

 

当ページでは、ビーグレンのほうれい線ケアを1年使っている私が、効果や特徴を詳しく説明します。
また、実際に使用されている方の口コミ、効果的な使い方、お得に購入する方法も確認していただけます。

 

ぜひ、ビーグレンのほうれい線ケアを試すかどうか決める時の参考にしてみてください!
あなたの肌がハリを取り戻し、ほうれい線の悩みから解放されることを願っております。

 

ビーグレンのほうれい線ケア各アイテムの特徴とは?

ほうれい線はシワと考えられがちですが、実は「肌のたるみ」によるものです。

 

年齢を重ねるに連れてほほが垂れ下がるとほうれい線が現れるので、若々しさを保つためには日ごろからのスキンケアが欠かせません。

 

ビーグレンは、ほうれい線の原因となる「引き上げ力の減少」「たるみ」「むくみ」に着目し、ほうれい線ケアに効果を発揮する毛化粧品を「ほうれい線ケア」としてセットにしました。
ほうれい線ケアのアイテムには、ビーグレン独自の浸透技術「QuSome(キューソーム)」が応用されているため、有効成分がしっかり肌に浸透して作用します。

 

まずはビーグレンのほうれい線ケア各アイテムの特徴を見てみましょう。

 

クレイウォッシュ:汚れに吸着して落とす

クレイウォッシュは、天然クレイ(粘土)の「モンモリロナイト」を配合した洗顔料です。

 

モンモリロナイトは粒子が毛穴の約1/2000と小さいため、毛穴に入り込んだ汚れをキレイに落とします。

 

また、汚れだけに吸着する特徴があるので、肌に必要な皮脂まで落とすことがありません。
つまり、肌のうるおいをキープしたまま汚れだけを落とす洗顔料なのです。

 

肌が乾燥するとターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、古い角質や汚れが毛穴から排出されません。
すると、化粧水や美容液の成分が浸透しにくくなるので、スキンケアの効果が小さくなります。

 

でも、モンモリロナイトならターンオーバーを乱さず洗顔できるため、化粧水や美容液の効果をアップさせる相乗効果が期待できるのです。

 

QuSOmeローション:17時間うるおいをキープ

QuSomeローションは、ビーグレンの浸透技術QuSomeを応用した化粧水です。
角層の状態が整うとスキンケアの効果が上がることに着目して開発された化粧水で、4つの美容成分(ホメオシールド・アッケシソウエキス・VCエチル・EDP3)が角層にしっかりと浸透して作用します。

 

角層に浸透した美容成分は、うるおいを17時間持続させて肌の状態を整えるため、次に使用する美容液の効果を高める点が特徴です。

 

QuSomeリフト:フェイスラインを引き締める

QuSomeリフトは、肌のたるみやほうれい線のケアに有効なマッサージ美容液です。

 

その理由は、複合成分「QuSomeフェイスリフトコンプレックス」が肌の奥まで浸透し、ハリを与えるからです。

 

QuSomeフェイスリフトコンプレックス各成分の特徴
アセチルジペプチド-1セチル

2種類のアミノ酸から得られる保湿成分で、肌に弾力を与えます。

 

トリペプチド-10シトルリン

失われがちなコラーゲンを保ち、肌を引き締めます。

 

キサンタンガムクロスポリマー

肌にハリを与えます。

 

シャクヤク根エキス

肌にうるおいを与え、血行を良くし、皮脂のバランスも整える美肌に欠かすことのできない成分です。

 

キュアパッション

パッションフルーツから採取されるエキスで、むくみケアに効果のある成分です。

 

マッサージするとリンパの流れが整って溜まった老廃物が流れるので、フェイスラインがスッキリします。
さらに、QuSomeリフトの美容成分が肌に浸透してほうれい線に働きかけるため、マッサージとの相乗効果で高いスキンケア効果を実感できます。

 

Cセラム:肌をすこやかな状態へ

Cセラムは、高濃度のピュアビタミンCが配合された美容液です。

 

ピュアビタミンCは、老化を防止する抗酸化作用が強い成分で、ターンオーバーを促進する作用も持ちます。
また、コラーゲンの生成を助ける働きもあるため、肌のハリや弾力を回復させるにはピッタリの成分です。

 

本来、ピュアビタミンCはデリケートな成分なので、そのまま肌につけても表皮に弾かれて浸透しません。
でも、CセラムにはQuSome化された(極小のカプセルに入った)ピュアビタミンCが配合されているため、肌の奥まで浸透して効果を発揮します。

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム:肌にハリを与える

QuSomeモイスチャーリッチクリームは保湿用のゲルクリームです。
保湿するだけでなくたるみに働きかける点が特徴で、肌に弾力とハリを与えるエイジングケアとしても効果的なクリームです。

 

化粧水と美容液の成分が肌から蒸発しないよう、最後にQuSomeモイスチャーリッチクリームでフタをしましょう。

 

利用者の口コミからほうれい線への効果を検証!

ビーグレンのほうれい線ケアは、各アイテムをライン使いすることで相乗効果を発揮します。
でも、実際に使った方が本当に効果を実感しているのか気になりますよね?

 

そこで、ほうれい線ケアを使用されている方の口コミを集めてみました。

 

ビーグレンほうれい線ケアの良い口コミ

「トライアルセットを使用し始めて、肌に弾力を感じるようになってきました。うるおいもしっかり続くので、肌が若返ったようです。」

 

「フェイスラインに変化が出てきました。リフトアップされている実感があります。これからどんどん効果を感じられたら嬉しいです。」

 

「1週間で肌のハリが出てきました。たるんだ頬が引き締まって小顔になっているような感じです。」

 

ビーグレンほうれい線ケアの悪い口コミ

「とても高い評価だったので期待していましたが、使い始めて2日目にかゆみが出てきてしまいました。」

 

「顔全体が乾燥しつっぱります。乾燥のせいか化粧も崩れやすくなってしまいました。」

 

「つけてすぐに口の周りがヒリヒリしてきました。次の日もヒリヒリは続くし、カサカサにもなってきたので、肌の弱い私には合わないんだと思いました。」

 

私が使い始めて感じたこと

私はアラフォー女性なのですが、年々ほうれい線が目立つようになってきました。
実は約1年ビーグレンのほうれい線ケアを使用しているので、私が使って感じた効果を説明します。

 

使い始めた頃はフェイスラインが引き締まった感じたがして「これいいかも!」
と思いましたが、その後は毎日鏡を見ても最初に感じたほどの変化はなく
「やっぱり効果がないのかな」と思っていました。

 

でも、3ヶ月くらい使って使用前の写真と見比べた時、
明らかに「ほうれい線の長さが違う」と感じたんです。
フェイスラインもスッキリしているし、肌もハリを取り戻し始めていました。
「継続は力なり」とはこのことなのでしょう。

 

最初は目に見えて効果がないかもしれませんが、3ヶ月後を楽しみに続けてみてください。
1年ほど使用した現在では、あれほど悩まされたほうれい線は薄くなり、ほとんど気にならなくなりました。
ハリのある肌、スッキリとしたフェイスラインも持続しています。

 

ビーグレンほうれい線ケアの効果的な使い方

では、ここからはビーグレンほうれい線ケアの効果的な使い方について説明します。
効果を実感するためにはとても重要なのでしっかり確認してください。

 

正しい方法で順番に使う

まず大切なポイントは、正しい方法・正しい順番で使用するということです。
ビーグレンのほうれい線ケアは、クレイウォッシュ・QuSomeローション・QuSomeリフト・Cセラム・QuSomeモイスチャーリッチクリームの順で使いましょう。

 

  1. クレイウォッシュを使う時は、ぬれた手にさくらんぼ大を取ります。
    泡立てて使う洗顔料ではないので、手になじませて優しくマッサージするように洗い、肌の表面に付いている汚れや角質を落とします。
  2. QuSomeローションは直径3pほど手にとって、顔全体を包み込むように優しくつけてください。
    目元、口元、鼻周りなどは指で丁寧になじませましょう。
  3. QuSomeリフトは2〜2.5pを手にとって、顔と首まで伸ばします。
    たるんだ肌を引き上げるようにマッサージし、最後になじませてください。
  4. Cセラムは2pほどを手にとって顔全体に優しくなじませましょう。
    目元、口元、鼻の周りもしっかりとなじませてください。
  5. QuSomeモイスチャーリッチクリームはパール1、2粒大の量を手のひらにとり、顔全体になじませます。

 

@〜Dの手順を1日2回しっかり行う事で効果が期待できます。

 

肌が乾燥するときは量・回数を減らしてみる

先ほどご紹介した口コミを見ると、「肌が乾燥する」という方がいらっしゃいました。
もし、あなたがビーグレンのほうれい線ケアを試して乾燥を感じたときは、QuSomeローションとCセラムの使用量・使用頻度を減らしてみましょう。

 

というのも、QuSomeローションとCセラムにはビタミンCが配合されているからです。
ビタミンCには、皮脂の分泌を抑制する作業があります。

 

そのため、もともと皮脂の量が少ない方や乾燥肌の方が使うと、肌に必要な最低限の皮脂が足りなくなり、乾燥することがあるのです。

 

ライン使いは高すぎる!という方におすすめの使い方

ビーグレンのほうれい線ケア全アイテムを通常価格で購入すると、合計で30,000円ほど必要です。
さすがに化粧品に使う金額としては高いですよね?

 

「高すぎて全部揃えられない!」という方は、QuSomeリフトだけを使ってみましょう。
QuSomeリフトは、フェイスラインの引き締め効果が最も高いアイテムなので、ほうれい線ケアに効果的です。

 

また、可能であれば抗酸化作用の強いCセラムも使うと、より効果が期待できます。

 

洗顔料・化粧水・保湿クリームは、もう少し安い商品を購入して、スキンケアの費用を抑えましょう。

 

ビーグレンほうれい線ケアをお得に試す方法

繰り返しになりますが、ビーグレンのほうれい線ケアのアイテムを全て揃えるとなると、かなりの出費になります。
そこで、ここからはほうれい線ケアの全アイテムをお得に試す方法をご紹介します。

 

まずはトライアルセットを注文しよう!

ビーグレンのほうれい線ケアを試すなら、まずはトライアルセットを注文しましょう。
トライアルセットとは、ほうれい線ケアの「お試しセット」(1週間分)のことで、1,944円で購入できます。

 

1週間分では効果までは分かりませんが、あなたの肌に合うかどうかを試すには十分です。
もし肌に合わない場合は、商品購入から365日以内であれば返品・返金することもできます。
実質無料で試せるので、ぜひ利用してみましょう。

 

定期お届けコースでの継続がお得!

トライアルセットを使って「このまま使い続けたい」と感じたら、
ビーグレン公式サイトの「定期お届けコース」の利用がおすすめです。
定期コースならその都度注文しなくても商品が届きますし、以下のようなメリットもあります。

 

割引価格で商品を購入できる

購入する商品の個数によって割引率が上がります。
1個の場合は5%、2個になると10%、3個だと20%、4個以上だと25%も割引してもらえます。

 

送料、代引き手数料が無料

商品代金以外の手数料はかかりません。

 

自由にお届け日の変更・中止ができる

購入回数の縛りがないので、いつでも配送日の変更や配送の休止が可能です。

 

非売品のプレゼントがある

通常は販売されていないビーグレンのアイテムをゲットできます。

 

このように公式サイトの「定期お届けコース」には、たくさんメリットがあります。
継続して使うなら一番安く購入できる方法ですので、ぜひ定期お届けコースを利用しましょう。

 

たるみ・ほうれい線ケアのトライアルセットについて詳しく見る

 

まとめ

ビーグレンほうれい線ケアは

  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • QuSomeリフト
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

のセットです。

 

それぞれのアイテムを正しい方法で使用すると相乗効果が期待できるため、肌のたるみが改善されてフェイスラインがスッキリします。
また、肌の弾力も戻るので、ほうれい線が目立たなくなるでしょう。

 

全ての方に効果があるとは言い切れませんが、ビーグレンの公式サイトならトライルセットも購入できます。
肌に合う場合は定期お届けコースを利用できるので、ハリのある若々しい肌、引き締まったフェイスラインを取り戻すために、ぜひ試してみましょう。

 

たるみ・ほうれい線ケアのトライアルセットについて詳しく見る