ビーグレン クレーター

> ビーグレンでクレーターニキビ跡は治る?効果を調べてみると・・・

クレーターニキビ跡が残る原因

ビーグレン クレーター

ニキビ跡には、色素沈着タイプと赤みタイプ、クレータータイプがあります。
そして、ニキビ跡でも最も治療しにくいのが凸凹のクレータータイプのニキビ跡です。
肌は、表皮・真皮・皮下組織の三層から構成されており、ニキビの炎症が悪化して肌の真皮層の奥深くがダメージを受けると、凸凹のニキビ跡が残ってしまいます。
肌の表面に受けたダメージは時間と共に消えてしまいますが、深い傷を負うと跡が残りますよね?
このようなメカニズムと同じことなのです。
さらに真皮層の下にある皮下組織にダメージが到達すると、家ではケアしにくい重症のクレーターニキビ跡になってしまうのです。

 

クレーターニキビ跡を治すためのポイント

ニキビ跡の中でも厄介なクレータータイプですが、治すためのポイントとは何でしょうか?
まず、ニキビ跡ケアに必要な肌のターンオーバーを活性化させることです。
肌のターンオーバーが活性化すると、肌の細胞が新しく入れ替わるので、きれいな肌に改善できます。
ターンオーバーを活性化するためには、化粧水を使って積極的に保湿をすることが重要です。
また、コラーゲンを増やして肌のハリを取り戻すことも忘れてはなりません。
スキンケアだけでなく、食事やサプリメントからコラーゲンを摂取することで、細胞同士をつないだり老廃物を排出するルートを作ったりと、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。

 

ビーグレンはクレーターニキビ跡に効果あり?

ニキビに悩む人たちに絶大な支持を受けている「ビーグレン」の化粧品ですが、クレーターニキビ跡にも効果はあるのでしょうか?
ビーグレンの商品の中には、ニキビ跡ケアプログラム(クレイウォッシュ・OuSomeローション・Cセラム・QuSomeモイスチャーリッチクリーム)があり、クレーターニキビ跡にも効果があります。
コラーゲンの生成を助けるピュアビタミンC、糖化を防止してハリを作るポリアミン、コラーゲンを増やすアップレビティの働きで肌のハリを内側からサポートし、凸凹を改善します。
初めて使用する人には、トライアルセットも用意されているのでおすすめです!
こちらのページで、ニキビ跡ケアプログラムの詳細、使い方、効果が出るまでの期間、利用者の口コミなどをご紹介しています。
気になる方はチェックしてみてください。

 

リプロスキンの方がクレーターニキビ跡に有効?

クレーターのニキビ跡が残ってしまったら、できるだけ早く治したいものです。
「ビーグレンより効果のあるケア用品があれば使ってみたい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
インターネットでクレーターニキビ跡の治し方を検索していると、ニキビ跡専用化粧水「リプロスキン」の評判が目につきます。
では、ビーグレンとリプロスキンを比較すると、どちらがクレーターニキビ跡に効果があるのでしょうか?
結論から言うと、当サイトではビーグレンをおすすめしています。
その理由については、こちらのページをご覧ください。

 

ビーグレンでクレーターが改善しない時はどうすればいい?

ビーグレンを使用してみても、クレーターニキビ跡が重症の場合は、なかなか治らないこともあります。
そんな時は、皮膚科を受診してみましょう。
皮膚科では、レーザー治療やケミカルピーリング、抗生物質やホルモン薬を使った内服薬や、トレチノインを使った外用薬による治療などを受けることができます。
特に外用薬(塗り薬)を使用した治療は、手軽で治療効果の高い薬を処方してもらえるので、市販のニキビケア化粧品よりも効果があります。
改善の兆しのない化粧品を何年も使っているよりも、皮膚科に行ってすぐに治してもらう方が経済的な負担も軽くおすすめです。