ビーグレン クレンジング

> ビーグレン製品と相性の良いクレンジングを選ぶ方法

ビーグレンにクレンジングはある?

ビーグレン クレンジング

ニキビやシミ・そばかす・シワ・たるみなど様々な肌のトラブルに対応するドクターズコスメを発信しているビーグレンですが、スキンケアの基本であるクレンジングは販売しているのでしょうか?
実は、かつて洗顔とメイク落としを兼ねていた「クレンジングクリーム」という商品が販売されていましたが、残念ながら現在は生産が中止されています。
現在、ビーグレンの洗顔系の商品は「クレイウォッシュ」のみになっています。
「クレイウォッシュ」は、天然の泥である「モンモリロナイト」を使用しており、汚れを吸着させて肌を洗い上げる洗顔料で、肌に優しく敏感肌の人でも安心して使えます。

 

クレンジングと洗顔料の違いとは

スキンケア用品にはクレンジングと洗顔料があるので、どちらを使ったらよいか迷ってしまう事はありませんか?
クレンジングと洗顔料は似ているようですが、しっかりと違いがあるのです。
まず、クレンジングはメイクなどの油汚れや角栓を落とすためのもので、クリームタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプなどの種類があります。
洗顔料とは、古い角質や汗・皮脂・ホコリなどを落とすためのもので、泡タイプや固形タイプ、ジェルタイプなどがあります。
バッチリメイクをしている人は、洗顔だけでは十分に汚れを落としきれないので、クレンジング→洗顔とダブル使いでケアをする方法もあります。

 

クレイウォッシュはクレンジングとして使える?

クレイウォッシュは洗顔料にカテゴライズされていますが、クレンジングとして使用は可能なのでしょうか?
ナチュラルメイクなどの軽いものなら2度洗いすればメイク汚れを落とすことができますが、ファンデーションやアイメイクなどしている場合は、汚れを落とすのが難しいようです。
その場合は、クレンジングとクレイウォッシュのW洗顔が必要になります。
W洗顔とは、クレンジングでメイクの汚れを落とした後、洗顔料で洗顔する方法です。
ただし、肌質によっては乾燥を引き起こす場合がありますので、肌が弱い人は十分に注意する必要があります。

 

クレンジングとクレイウォッシュを併用する時の使い方

先に少し説明しましたが、クレンジングとクレイウォッシュを併用するW洗顔の方法をここではご紹介します。
まず順番としては、クレンジングでメイクをしっかり落としてからクレイウォッシュ洗顔を行います。
最初に市販のクレンジングやリムーバーを使用してメイクやポイントメイクをしっかり落としてから、次にクレイウォッシュで顔に残った汚れを落としてしまいます。
肌に汚れが残ると、炎症やニキビなどの肌トラブルの原因になってしまうので、なるべく汚れは残さずに洗い流すことが肝心です。
しかし、肌が弱い人が毎日W洗顔を行うと、肌が荒れてしまうので、メイクをした日だけにすることをおすすめします。

 

クレンジング選びのポイント

クレンジングには様々なタイプがあり、特徴や洗浄力が異なりますが、ここではその違いを見ていきます。
クレンジングのタイプには、オイル・ジェル・クリーム・リキッド・ミルク・シートなどがありますが、肌質によって合うクレンジングのタイプが違います。
オイルタイプは、さっぱりとして使い心地なのでオイリー肌の人におすすめですが、乾燥肌の人は要注意です。
ジェルタイプは、弾力がある材質で肌への刺激が少ないため、敏感肌にぴったりですが洗浄力はあまりありません。
クリームタイプは、低刺激、保湿性があるので乾燥肌におすすめで、洗浄力も強めです。
リキッドタイプは水溶性で、オイルのようにべたつかずさっぱりと汚れを落とします。
ミルクタイプは、洗浄力は弱いですが、滑らかな使い心地で乳液のようなので敏感肌・乾燥肌の人に合っています。
シートタイプは、どこでも手軽にメイクを落とすことができますが、顔をふき取るために摩擦が起き、敏感肌の人には向かないタイプです。

 

自分のメイクに合ったクレンジングを選ぶには

自分のメイクを落としやすいクレンジングを選ぶためには、どのタイプがどんなメイクに合っているのかを理解しておきましょう。

 

■オイルタイプ
・洗浄力が高い
・濃い目のメイクにおすすめ

 

■ジェルタイプ
・オイルタイプ・リキッドタイプより洗浄力はおとる(油性・オイルイン水性・水性タイプがありそれぞれ洗浄力が違う)
・刺激が少なく、さっぱりしたい人におすすめ

 

■クリーム
・洗浄力は高い
・刺激が少ないが、しっかりメイクを落としたい人におすすめ

 

■リキッド
・洗浄力はオイルの次に高い
・オイルのべとつきが嫌な人におすすめ

 

■ミルク
・洗浄力は弱い
・敏感肌、乾燥肌をマイルドに洗いあげたい人におすすめ(アルコール刺激に注意)

 

■シート
・洗浄力は弱め
・手軽なので、手間をかけたくない時に使用するのがおすすめ

 

ビーグレン製品との併用におすすめのクレンジングは?みんなの口コミをチェック!

専科のパーフェクトウォータリーオイル!プチプラだけど優秀!

私は、資生堂から販売されている「専科 パーフェクトウォータリーオイル」をクレイウォッシュと併用していますが、150mlで838円とプチプラで、近くのドラッグストアですぐに手に入るのでいつも愛用しています!
オイルタイプのクレンジングですが、水のようなさらりとした使用感でオイルにありがちなぬるぬる感もなく、なおかつ洗浄力が高いのが気に入っています。
ウォータープルーフのアイメイクなどの重いメイク汚れもしっかり落としてくれて優秀です。
手が濡れても乳化しないので、お風呂に入っているついでにメイク落としができて楽です。

 

年齢:20代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★★

 

マナラのホットクレンジングゲル!洗った後につっぱりません

マナラホットクレンジングゲルとクレイウォッシュを一緒に使っています。
普段のナチュラルメイクだと、ダブル洗顔はいらないのですが、ハードメイクの時はホットクレンジングゲルだけだとメイクの落ち具合が弱いので、その場合は併用です。
美容液成分が配合されているし、そのジェルでマッサージするととても肌がリラックスしてきます。
オレンジの香りが付いているのもグッドで、私は気に入っています。
使い続けていると、毛穴も目立たなくなって肌がツルツルしてきます。
洗った後のつっぱり感もなく、肌がモチモチしているのが嬉しいですね。

 

年齢:40代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★

 

 

オルビスのクレンジングリキッド!簡単にメイクが落ちます

オルビスのクレンジングリキッドとクレイウォッシュを使っています。
オイルタイプはメイク汚れがスッキリ落ちていいのですが、洗い上がりのべとつき感が嫌いで、こちらのリキッドタイプにしています。
トロっとしているけどオイルフリーでべたべたせず、しかもオイル並みに簡単にメイクが落ちるので重宝しています。
濃い目のアイメイクもするっと落ちるのでゴシゴシこすったりする必要もなく、肌への馴染みもよく、よく伸びてくれて使用感は抜群です!
しかも、敏感肌の私でも、乾燥したり肌が赤くなったりヒリヒリしたりせず安心して使うことができるクレンジングです。

 

年齢:30代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★